にきび予防のためによく眠ることが大切

###Site Name###

睡眠は未だに細かなメカニズムが明らかになっていない、脳と並ぶ人間におけるミステリアスな部分のひとつです。しかし細かなメカニズムが明らかになっていないとは言っても必要であることは誰もが知っている事実でしょう。

仮に三日間一睡もしなかったとなるとまともに脳は働かなくなりますし、人によっては頭痛や吐き気を感じて立っているのも辛くなります。



さて、そうした人の健康な生活に必要不可欠なのが睡眠なわけですが、この睡眠はにきび予防にも重要なのです。

ではどうして重要と言えるのか、まず理由となるのが「皮膚のターンオーバーは睡眠中に盛んにおこなわれる」ということです。

ターンオーバー、皮膚の生まれ変わりと言い変えることもできますが、にきびができた皮膚を新しく美しいものにするには睡眠中のターンオーバーが必要不可欠です。

また予防面でもダメージが蓄積された皮膚を排出することが必要になりますから、やはり睡眠をすることは健康な皮膚を保つために重要と言えます。



次に理由となるのが「免疫細胞は睡眠中に活性化する」ということです。


免疫細胞とは体内に入り込んだ異物である細菌やウイルスを撃退する細胞のことで、にきびの原因はよく知られているようにアクネ菌という菌類です。
実際のところこのアクネ菌は皮膚常在菌であるため完全に撃退することはできないのですが、これが毛穴に入りこんで悪さをしようとしているのを撃退するのには睡眠中の活発な免疫細胞の力が必要不可欠となります。



この他にもストレスの緩和や自律神経のバランス作りなど、にきび予防において重要な役目を果たすのが睡眠です。

どれだけ他の予防をしっかりしても睡眠が足りていないと他の予防の効果も半減してしまいますから、毎日しっかりと眠ってリフレッシュすることを心掛けてください。